IT・ネットビジネス業の会社設立

IT関連ビジネスという範囲は非常に広範囲です。パソコンやインターネットをメインで使用するビジネスを一般的にIT関連と言われます。

会社設立をする際に注意すべき点がいくつかあります。

まず「資本金」の金額です。現在資本金1円で会社設立ができます。IT関連のビジネスは手元が少なくスタートできるのが特徴の一つです。ですから、資本金をいくらにするのが良いのか悩ましいところになります。
仮に資本金1円で設立した場合、これは銀行から見た信用力は低くなります。事業にはお金が必要になりますし、事業にかかる金額を考慮した金額を設定しておかないと、債務超過状態にすぐになってしまいます。
銀行や対外的な見られ方を考慮すると、100万円あれば信用力としては十分となります。300万円を超えると高い信用力となります。
融資を考えている方は、100万円~300万円の設定が望ましいです。また上限については1000万円を超えると消費税の免税が受けれらなくなります。ご注意ください。

また開業資金がほぼいらない業種です。しかし、利益が出るまでにある程度の時間がかかります。半年~1年ほど収入なしでやっていけるくらいの資金があったほうが理想です。

IT関連ビジネスは、大きな設備投資を必要としたり、来客が多いわけではありません。そのためご自宅を本店登記する方がいます。
メリットとしては、事務所を借りることに比べて運転資金が節約できる、自宅が賃貸の場合家賃や光熱費の一部を経費算入できることがあげられます。
デメリットとしては、本店所在地に自宅が記載されるため、居住用以外の用途の使用を禁止している賃貸では借主との間でトラブルになる恐れがあります。

会社設立しても資金繰りを考えなければなりません。資金繰りの悪化で会社が倒産してしまうからです。まず、会社設立を行ったら資金繰り表の作成をしましょう。

【関連記事】

無料相談

お問い合わせ・無料相談はこちら(24時間受付)

営業時間外のお問い合わせは翌営業日にお返事いたします

お電話でのお問い合わせ:0120-879-874(平日 9:00~17:30)