会社設立後の手続き

会社設立後の手続きについて

会社を設立後も様々な手続きが必要です

税金を納めるための届出や労働保険の加入などの手続きが必要です。
なかには、提出期限が短いものもあります。
届出に必要な用紙は各官庁の窓口で問い合わせればもらえます。

届出先との届出の種類

(1)税務署

消費税や法人税は国に納める税金です。
国に収める税金に関係する事柄は所轄の税務署に届出を行います。
また、従業員の給与に関しての届出も税務署に行います。

(2)都道府県税事務所・市町村役場

都道府県民税や、市町村税、事業税は地方税です。
都道府県民税や事業税は、都道府県税事務所に届出を行います。
市町村民税は、市町村役場が届出先となっています。

(3)労働基準監督署

労働者災害補償保険に関する届出は 所轄の労働基準監督署に行います。

(4)公共職業安定所(ハローワーク)

雇用保険に関する届出は、所轄の公共職業安定所に届出ます。

(5)社会保険事務所

健康保険・厚生年金保険にはすべての法人に加入義務があります。
設立後は所轄の社会保険事務所に届出を行います。

無料相談

お問い合わせ・無料相談はこちら(24時間受付)

営業時間外のお問い合わせは翌営業日にお返事いたします

お電話でのお問い合わせ:0120-879-874(平日 9:00~17:30)