会社の種類

会社の種類とは

会社形態は4種類ある

単に、会社設立・法人化といっても、会社形態にはいくつか種類があります。
新しく施行された会社法では、有限会社が撤廃されました。
そして、合同会社という新しい会社形態が仲間入りしました。

日本の法律で認められている会社は4種類です。

合名会社、合資会社、合同会社、株式会社です。

この4種類は2つに分類されます。

株式会社と持分会社(合名・合資・合同)です。
持分会社は原則、出資者全員の同意によって運営され、
出資者自らが業務執行をします。

つまり、会社の所有と経営が分離されていない会社です。
株式会社は出資者は株主でです。
業務執行は経営の専門家である取締役が行います。

持分会社とは違い、所有と経営が分離された会社です。
また、合名会社は無限責任の社員のみで構成されています。
合資会社は有限責任と無限責任の社員で構成されます。
株式会社と合同会社は有限責任の社員のみで構成されます。

無限責任・有限責任とは、会社の借金等を個人がすべて負うのが無限責任、責任が出資金額の範囲内でしか責任を負わないなが有限責任です。
このように会社には種類とそれぞれの特徴があります。

無料相談

お問い合わせ・無料相談はこちら(24時間受付)

営業時間外のお問い合わせは翌営業日にお返事いたします

お電話でのお問い合わせ:0120-879-874(平日 9:00~17:30)